• ホーム
  • カラーコンサルティング
  • 色ラッピング
  • ショッピング
  • アメリカ便り
  • 門園富美子ブログ
  • facebook
  • - パーソナルカラー
  • - 色でより美味しく
  • - インテリア
  • - 色彩心理
  • カラーワールド研究所

  •  

    色彩療法は古代、エジプトや中国でも利用されていて、心と健康のバランスの不足した部分を補う色を誘導していました。 最近では色を見るとホルモンの分泌が盛んになることも証明されてきました。

    では何故、色を見ると心が癒されたり元気になったりするのでしょう?

    深くゆっくり呼吸しながら写真を拡大(クリック)して見てください。  優しい心が届きますように。

    色と人との関係

    体の中には色(光)や音を取り入れることを喜ぶ場所があります。色は中枢神経をコントロールし、ホルモン分泌を促します。

    医学的にも色とホルモンの関係は証明されつつあります。

     
      意味するもの 直接の関連器官及び臓器
    赤    生命力の根源。物理的な安全。 血の流れ。 副腎皮質、副腎髄質  腸、骨格,足
    橙    喜びなど情緒のバランス 生殖器、性腺、腎機能、
    膵臓
    黄   自我、人間関係、自己敬愛

    肝臓、胃胆石、自律神経、筋肉

    緑  
    愛、許し、慈しみ 心臓、肺
    空色   自己表現、判断力 首、顎、喉、声、腕
    藍色     知性や直感 顔、目、鼻、耳
    紫   
    思慮、分析、知識、品位、尊敬 脳、中枢神経

    掲載の記事・イメージ画像は全てカラーワールド独自のものです。無断複写・転載はお控え下さい。

    色彩療法を受講した方々のご感想

    カラーセラピーは前から気になっていましたが、今日学んでみてとてもためになりました。ちゃんとした研究の結果が出ているものとは知りませんでした。そして自分も体験してみてとても心が明るくなったり、スッキリした感があり、びっくりしました。意識して呼吸することはあまりせずにいましたが大切なことだと再確認しました。終わってからみなさんのお顔が明るくイキイキとしていました。 色彩療法を初めて体験し、色の持つ力を体感しました。普段、何気なく身にまとっている服やインテリアも、色の持つ力を考えて楽しむ事もできたらいいなと思います。 する前より、体がフワッと軽くなったような、特に目が見開いているように感じます。とても楽しめました。お客様にも色の力で少しでも抱えておられる悩みが楽になれば本当に凄いと思います。
    今まで色に対してあまりこだわっていませんでしたが、かなり認識が変わりました。潜在的にすり込まれている効果は大きいと思いました。気付かなかったですが、自分は緑色が好きということを改めて発見。色の効能をもっともっと掘り下げて店舗にて効果を出せるように工夫していきたいです。実際にボディケアの中での施術にも会話の中に色の効果をお客様に説明できていければコミュニケーションの幅も広がると思います。 色が持つ力とは凄いものだと実感しました。自分自身も、気分によって着る服が違ったりします。また、服を購入する時は、その時の心境で全く違う色を好みます。色って本当に不思議です。治療を体験して、身体の中から熱くなり、気分も高まりました。色についてもっともっと学び、更によい施術になるといいなと思います。
    色彩療法を体験すると周りがぱっと明るくなりました。目が大きく開き、輝きが出た感じがしました。暗い影があった人が明るく見え、イキイキとして見えました。これから仕事に生かせたら素晴らしいと思いました。  

     

    色彩療法セミナーに関しましては カラーワールドまでお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

    ▲トップへ戻る


     
    カラーワールド 株式会社 Fumiko Kadosono
    Copyright© 2009-2014 Color World All rights reserved.